マンションの耐震補強方法

マンションなどの住居スペースが多い建物の耐震補強はとても重要です。しかし、既に住民がいる場合は基礎部分から整えることは難しく、既存の状態を保ちつつ補強工事を行うことになります。マンションの場合、バランスの悪いL字型の建物や細長い形状に建物、そして1階部分が駐車場になっているピロティー構造などに補強が行われることが多いでしょう。最もシンプルな耐震補強工事として、新しく柱を継ぎ足すイメージ工事が行われます。その補強を行う部分は、建物の最も弱い部分から先行して行われることが一般的で、共用部分のロビーや大きな窓ガラスの多いポイント、そして建物の吹き抜けになっている部分から行われます。マンションの耐震補強の場合、住民が住みながら工事が行われるためとても時間がかかってしまいます。時間がかかってでも、早めに工事を行うことをお勧めします。

マンションが耐震補強されてるか

マンションを購入するなら、耐震補強されてるかが重要です。マンションに住まれてる方であれば、大地震が起きた時に、かなりの揺れを体験されたので、大丈夫かと心配な方もいらっしゃいますね。建てられる時、耐震補強されることが規則で決まってるので、倒壊することはないです。マンションを建てられる時、地面から数十メートル深くに基礎を作って建てられます。鉄骨鉄筋コンクリートで建てられてるので、木造よりも、頑丈な作りになってるので、安心して住める住宅として人気があります。購入する時に営業の方に、どのような耐震補強がされてるのか聞かれることで、資料を見せてくださいます。建物が大きいので、それだけ補強される箇所も多くなってます。値段が下がってる所も多いので、将来の自分の家として新築か中古で購入されておくと老後が安心ですね。

マンションに必要な、耐震補強

建物の安全性が問われる現代では、さまざまな技術を駆使して活用する必要があります。地震や火災などの自然災害にも負けない、しっかりとした補強をすることで、自宅が守られる可能性が広がります。特に、大きな建物のマンションであれば、沢山の人が入居しており、高層階である場合が多いため、身の安全をはかることに力を入れなければなりません。耐震補強は、建物が立った後からでも行うことが出来ます。いろいろな条件を考慮して、しっかりと補強をすることで、強度が飛躍的に改善します。実際に、地震などが起こったときに、揺れの状態を観測すれば、耐震の状態の違いが分かり、いかに違うかを知ることが出来ます。建物が崩れないことで、避難する時間を確保することが出来たり、大切な家財道具が守られたりします。耐震補強は、人命を大切にするならば、絶対に必要な措置です。